乾燥肌と化粧のり

乾燥肌と化粧のり

お化粧して美しくなりたかったのに、乾燥肌であるが故に、化粧してもいまひとつ美しくなれなかったは事ありませんか?

乾燥肌に適している対策を教えましょう。

☆ファンデーションの場合

乾燥肌にファンデーションをつけるとピッタリと密着しません。
カサカサした肌がファンデーションで増幅されて、
皮が剥けたような感じになってしまうのです。

【解決策1】

リキッドタイプやクリーム状のファンデーションは乾燥肌に向いています。
パウダー状の物よりもしっとりとした保湿力が期待できるからです。
保湿成分やコラーゲン、セラミドなどの成分が入っている方が乾燥肌には安心ですね。

【解決策2】

乾燥肌であるならば化粧下地は重要です。
化粧下地の成分はコラーゲンやグリセリン、スクワランなどが入っている
保湿成分が入っているものを選びます。
紫外線対策のUV成分が多いと乾燥しやすいので気を付けて下さい。

【解決策3】

肌にあったコントロールカラーを選びましょう。
ブルー系のコントロールカラーは赤みが気になる方に、
パープル系のコントロールカラーは目の下のクマなどのくすんだ肌の色を
調整してくれるのです。
肌の色身を整える事でファンデーションがさえて見えるのですよ。

【解決策4】

ファンデーションを付ける時に注意点があります。
乾燥肌の肌にファンデーションは伸ばすのではなく、
叩き込むようにして肌に馴染ませます。
コンシーラーを使う場合にはファンデーションの後に乗せる感じにして下さいね。

☆化粧直しの場合

乾燥肌は乾燥からくる化粧崩れが多く見られますよね。
カラカラになった肌にパウダーなどで化粧直しを行っても
帰ってカサカサになる事があります。

【解決策】

その場合は乳液を使う化粧直しがあるのです。
乳液を化粧崩れしている箇所につけ、その後軽く拭きとると共に
パウダー系のパウダーをつけてあげるのです。
綿棒などを使えばより綺麗に化粧崩れを治せます。
そのままファンデーションで化粧直しを行えば、
余計にカサカサした感じになってしまうので注意してくださいね。